平成18年一級建築士
設計製図試験合格基準

 

設計課題

市街地に建つ診療所等のある集合住宅(地下1階、地上5階建)

採点のポイント

(1)計画一般(敷地の有効利用、配置計画、ゾーニング・動線計画、各部門・各室の計画等)

(2)設計課題の特色に応じた計画
①住宅部門、診療所部門及び共用部門のゾーニング・動線計画
②採光、日照、通風等に配慮した住戸の計画
③地下駐車場の計画

(3)構造・設備に対する理解

(4)設計図書の表現

(5)設計条件・要求図面等に対する重大な不適合
①「要求図面のうち1面以上欠けるもの」、「構造計画の要点が記述されていないもの」、「設備計画の要点が記述されていないもの」又は「面積表が完成されていないもの」
②「ラーメン構造による鉄筋コンクリート造(一部を鉄骨造としてもよい。)、地下1階、地上5階建」でないもの
③図面相互の重大な不整合(上下階の不整合、階段の欠落等)
④床面積の合計が「3,000m2以上 、3,600m2以下」でないもの
⑤「所要室」のうち、次のいずれかの室又は施設が計画されていないもの


住戸A(基準階に2戸)、住戸B(基準階に3戸)、コミュニティルーム、居住者用エントランス、居住者用駐車場(計18台)、待合室、事務室・受付、診察・処置室、X線室、検査室、エントランスホール、レストラン、電気・機械室


⑥居住者用の乗用エレベーター(1基)が計画されていないもの
⑦その他設計条件を著しく逸脱しているもの(多数の室・施設の欠落等)

採点結果の区分(成績)

●採点結果については、ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳの4段階区分とする。
ランクⅠ:「知識及び技能」を有するもの
ランクⅡ:「知識及び技能」が不足しているもの
ランクⅢ:「知識及び技能」が著しく不足しているもの
ランクⅣ:設計条件及び要求図面等に対する重大な不適合に該当するもの
*「知識及び技能」とは、一級建築士として備えるべき「建築物の設計に必要な基本的かつ総括的な知識及び技能」をいう。

●なお、採点の結果、ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのそれぞれの割合は、次のとおりであった。
ランクⅠ:31.4%、ランクⅡ:16.8%、ランクⅢ:26.8%、ランクⅣ:25.0%

合格基準

採点結果における「ランクⅠ」を合格とする。


[back]